米朝間接触が昨年後半から継続中で『予備的対話』実現もあると李鍾元・早大教授が指摘

記事まとめ

  • 李鍾元・早稲田大教授が会見し、米朝間の接触が昨年後半から継続中であると述べた
  • 北朝鮮の南北融和路線の目的は米朝会談で、米国との『予備的対話』実現もあるという
  • 南北軍事会談の可能性もあるが、核開発の凍結に留まると日本への脅威は減らないらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております