日本の「シンデレラ体重」ってなんぞや?―中国メディア

中高生の間で『シンデレラ体重』が話題 「軽すぎる可能性がある」との指摘も

記事まとめ

  • 最近、日本の中高生の間で『シンデレラ体重』が話題になっている
  • シンデレラ体重の公式は「身長×身長×20×0.9」だが、AKB48の小嶋陽菜はこれより軽い
  • 一方、日本医師協会が出している標準体重の公式は「身長×身長×22」となっている

日本の「シンデレラ体重」ってなんぞや?―中国メディア

日本の「シンデレラ体重」ってなんぞや?―中国メディア

19日、中国メディア・参考消息は、日本の中高生の間で最近話題になっている「シンデレラ体重」について紹介する香港メディアの報道を伝えた。資料写真。

2018年2月19日、中国メディア・参考消息は、日本の中高生の間で最近話題になっている「シンデレラ体重」について紹介する香港メディアの報道を伝えた。

記事は、香港紙・東方日報電子版の報道を引用。「シンデレラは多くの女性にとって憧れの的であるが、最近、日本の中高生の間で『シンデレラ体重』が話題になっている。ある公式によって算出される理想の体重のことで、人気女性タレントがシンデレラ体重かどうかの計算まで行われている」と紹介した。

シンデレラ体重の公式は「身長×身長×20×0.9」。例えば身長が1メートル58センチの人であれば、理想の体重は約45キロということになる。そして、記事は「抜群のスタイルを持つ日本の人気女性アイドルグループAKB48の小嶋陽菜について計算した人がおり、身長1メートル58センチに対して体重43キロということで、シンデレラ体重の基準よりさらに軽いとの結果が出た」などと伝えている。

その一方で、日本医師協会が出している標準体重の公式は「身長×身長×22」で、この公式で計算すれば1メートル58センチの女性は55キロで標準となり、シンデレラ体重はこの標準よりも10キロ少ないことになると指摘。また、香港の医師に話を聞いたところ「医学界では一般的にBMIが体重の基準として用いられており、シンデレラ体重の公式では軽すぎる可能性がある」との答えがあったと報じている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)