「メロン界のルイ・ヴィトン」静岡産メロン、深センで密輸摘発―中国

「メロン界のルイ・ヴィトン」静岡産メロン、深センで密輸摘発―中国

3日、深セン市税関は、静岡県産のメロン270キロの密輸を摘発したことを明らかにした。

2018年3月3日、中国広東省の地方紙・深セン晩報によると、深セン市税関は、静岡県産のメロン270キロの密輸を摘発したことを明らかにした。

香港との間に位置する出入国検査場の「文錦渡口岸」で2月28日、「空荷」の名目で通過しようとしたトラックの荷台を検査したところ、静岡県産メロン270キロとエクアドル産のドラゴンフルーツ(イエローピタヤ)400キロが大量の発泡スチロール箱の中に隠してあるのが見つかった。

中国では、静岡県産メロンが高級フルーツとして一部の高級スーパーなどに出回っており、1玉500元(約8300円)以上の値段で売られている。甘さや品質の高さから、中国では「メロン界のルイ・ヴィトン」と呼ばれることもあるという。

正規の手続きも検疫も受けておらず、密輸に該当することが確認され押収されたメロンとドラゴンフルーツは、廃棄処分のため検疫部門に引き渡されたという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事(外部サイト)