生肉食べた男性、脳から寄生虫30匹―中国

生肉を食べた中国人男性、脳にブタの寄生虫サナダムシの幼虫30匹 手術により摘出

記事まとめ

  • 貴州省に住む男性の脳から大量の寄生虫が見つかり、手術により30匹あまりが摘出された
  • 男性は生肉を食べており、半年前から日常的にめまいや発熱に悩まされていたそう
  • 開頭手術を受けたところ、ブタの寄生虫サナダムシの幼虫が脳に大量に寄生していた

生肉食べた男性、脳から寄生虫30匹―中国

生肉食べた男性、脳から寄生虫30匹―中国

7日、貴州都市報は、貴州省に住む男性の脳内から大量の寄生虫が見つかり、手術によって30匹あまりが摘出されたと報じた。

2018年3月7日、貴州都市報は、貴州省に住む男性の脳内から大量の寄生虫が見つかり、手術によって30匹あまりが摘出されたと報じた。

貴州省に住む46歳の男性、呉(ウー)さんは、半年前から日常的にめまいや発熱に悩まされていた。症状には波がありそこまで気にしていなかったが、最近になって頻繁に嘔吐するようになった上、意識を失うようになったため、家族が病院に連れて行った。

貴州医科大学付属病院の神経外科医・楊明(ヤン・ミン)氏によると、「脳に水が溜まっているということで入院させた。頭痛がひどく、嘔吐を繰り返しており、食事が困難だった」とのこと。MRI検査をしたところ、脳幹の周辺が嚢状の病巣で埋め尽くされていたという。

3月1日、呉さんは病巣を除去するための開頭手術を受けた。楊氏が開頭をすると、呉さんの脳内に透き通った小さな球がたくさんあるのを発見。この小さな球は、ブタの寄生虫サナダムシの幼虫だという。楊氏は呉さんの大脳でうごめく幼虫を慎重に取り出していった。その数は少なくとも30匹、最大の直径は1センチメートルだったという。

しかし、あまりに広範囲に、かつ大量の幼虫が寄生しており、全てを摘出することは不可能だったため、手術後に引き続き「殺虫治療」を行うことに。6日現在、呉さんはめまいや吐き気などの症状が和らいだとのことで、治療を続けている。

楊氏は「嚢中症は、サナダムシの幼虫に感染した豚肉や卵が付着した食べ物を摂取することで発症する。卵は腸内で孵化して腸壁内に入り込み、血液やリンパ液の流れによって全身に広がる。大脳は血流量が多いため幼虫が蓄積しやすく、著しい脳障害を起こしたり、生命の危険が及んだりする可能性もある」と説明した。記事によると、呉さんは生肉を食べていたという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)