生活環境が高い都市ランキング、北京119位、ソウル79位、東京は?

生活環境が高い都市ランキングで東京と神戸が50位 アジア最高はシンガポールの25位

記事まとめ

  • 人事コンサルティング大手マーサーが、生活環境が高い都市2018年度版ランキングを発表
  • トップはオーストリアのウィーンで9年連続、2位はスイスのチューリヒ
  • アジアではシンガポールが最高位の25位、東京と神戸は共に50位、香港71位、ソウル79位

生活環境が高い都市ランキング、北京119位、ソウル79位、東京は?

生活環境が高い都市ランキング、北京119位、ソウル79位、東京は?

21日、世界的な人事コンサルティング大手のマーサーがこのほど、生活環境が高い都市の2018年度版のランキングを発表した。写真は東京。

2018年3月21日、世界的な人事コンサルティング大手のマーサーがこのほど、生活環境が高い都市の2018年度版のランキングを発表した。

米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトが20日伝えたもので、ランキングは、世界231都市を医療制度や社会経済状況、教育、住宅、交通、環境などに基づいて評価した。

トップには9年連続でオーストリアのウィーンが選ばれた。2位はスイスのチューリヒで、ニュージーランドのオークランドとドイツのミュンヘンが共に3位となった。カナダのバンクーバーは5位、米国のサンフランシスコとニューヨークはそれぞれ29位と44位だった。

アジアでは、シンガポールが最高位の25位、東京と神戸は共に50位で、香港が71位、ソウルが79位、台北が85位、上海と北京はそれぞれ102位と119位だった。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)