中国サッカー選手がタトゥー隠してプレー、禁止令か―中国

中国サッカー選手がタトゥー隠してプレー、禁止令か―中国

中国のサッカー国際トーナメント大会・中国杯が開幕したが、中国の選手たちがタトゥーを隠してプレーしていることに海外メディア各社が注目している。

2018年3月25日、中国メディア・新浪によると、中国のサッカー国際トーナメント大会・中国杯が開幕したが、中国代表とウェールズの試合で、中国の選手たちがタトゥー(入れ墨)を隠してプレーしていたことに海外メディア各社が注目している。

記事は「タトゥーはアジアでは退廃的、反社会的な文化の一部だと見なされることが多い」と指摘。これまで中国スーパーリーグではタトゥーは禁止されていなかったが、この試合で選手がタトゥーを隠してプレーしたことにより「禁止令が出たのではないか」との見方が出ているという。

アルゼンチンのスポーツ誌・OLEは、「ウェールズに0−6で惨敗した」と伝える一方、中国の選手がタトゥーを見えないように隠していることにも触れた。ポルトガルのメディア・Bancadaも、「中国の選手たちはタトゥーを禁止されたようだ」と伝えている。

中国スーパーリーグでタトゥーが禁止されたのか、現時点では確認は取れていないが、中国の大手スポーツ紙・体壇周報の肖良志(シアオ・リアンジー)氏は、中国サッカー協会は今後サッカー界全体でタトゥー問題に取り組むことになるだろうと予測している。(翻訳・編集/岡田)

関連記事(外部サイト)