「お客様の中にお医者さまはいらっしゃいませんか?」=高速鉄道車内でのアナウンスに60人以上が立ち上がる―中国

「お客様の中にお医者さまはいらっしゃいませんか?」=高速鉄道車内でのアナウンスに60人以上が立ち上がる―中国

26日、鳳中国の自メディア・広東公共DV現場は、高速鉄道車内でけがをした女性のために車内アナウンスで医者がいないか尋ねたところ、60人以上の医者が乗り合わせていたと伝えた。写真は中国高速鉄道。

2018年3月26日、中国の自メディア(新興メディア)・広東公共DV現場は、高速鉄道車内でけがをした女性のために乗務員が車内アナウンスで医者がいないか呼び掛けたところ、60人以上の医者が乗り合わせていたと伝えた。

記事によると、3月25日午後3時25分ごろ、高速鉄道G1662の車内で、突然「お客さまの中にお医者さまはいらっしゃいませんか」とのアナウンスが響いた。すると3両目にいた60人あまりが顔を見合わせて立ち上がったという。そして「君は残れ。私が行く」などと話し合い、1分後には5人が救急箱を持って女性がいる11両目の車両に向かった。

5人は11両目へ向かう途中で「いったい客に何があったんだ?」「物が頭にぶつかってけがをしたらしい。流血はしていないようだが詳しくは分からない」「内科の急病じゃないのか。ならば私が残るから君たちは帰っていいぞ」「外科の主任も来た」と、「救急会議」を開いたとのこと。

乗客の話によると、3両目には偶然、杭州市中医院の医者のグループ計60人あまりが乗り合わせていた。福建省古田で会議があった帰り道だったといい、内科、外科、産婦人科、整形外科などの医者が含まれていたという。

けがをしたのは福州駅から乗車した若い女性で、棚の上にリュックサックを乗せようとしたが届かず、投げ入れたところ水筒が落ちてきて頭に当たったのだという。外科主任が到着した時、女性は顔が青白く、ぐったりとしていたおり、冷たい水をくるんだタオルを当てるなどの応急処置を行ったそうだ。

記事は「医者が緊急の患者を助けるのは、溺れている人に手を差し伸べるのと同じだ。黙々と仕事をして人を助ける、第一線で活躍する医師たちに敬意を表する」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)