オーストラリアの生殖バンク、中国人の利用が急増―英紙

オーストラリアの生殖バンク、中国人の利用が急増―英紙

1日、英紙デイリー・メールによると、オーストラリア・ブリスベンの最新型生殖バンクで、中国人客の利用が増加している。写真はブリスベン。

2018年4月1日、英紙デイリー・メールによると、オーストラリア・ブリスベンの最新型生殖バンクで、中国人客の利用が増加している。参考消息網が伝えた。

中国では衛生部の「人類補助生殖技術規範」により、国家の人口・計画的生育計画に合致しない生殖技術の利用は禁止されている。このため、海外で自分の卵子の冷凍を試みる中国の独身女性、夫婦が増加の一途をたどっているという。

記事によると、中国では「一人っ子政策」は廃止されたものの、年齢の問題などで二人目の出産が難しい夫婦も多い。そのため、海外での人工授精への関心は高く、関連するテレビ番組の視聴率も高いという。(翻訳・編集/大宮)

関連記事(外部サイト)