日本人女性、南京大虐殺記念館に30年にわたる「歴史の証拠」寄贈―中国メディア

日本人女性、南京大虐殺記念館に30年にわたる「歴史の証拠」寄贈―中国メディア

邦人が南京大虐殺"証拠"寄贈

日本人女性、南京大虐殺記念館に30年にわたる「歴史の証拠」寄贈―中国メディア

4日、中国新聞網によると、日本人の松岡環さんが同日、30年間にわたり記録し続けた南京大虐殺生存者の証言映像などの資料を南京大虐殺記念館に寄贈した。

2018年4月4日、中国新聞網によると、日本人の松岡環さんが同日、30年間にわたり記録し続けた南京大虐殺生存者の証言映像などの資料を南京大虐殺記念館に寄贈した。

松岡さんは1988年からたびたび中国を訪問し、南京市やその周辺地域で生存者を探しビデオなどにその証言を記録した。記事は松岡さんについて「日本の友人」と表現。好意的に伝えている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)