高速鉄道車内でネットライブ配信していた女性、乗客からクレームを受けて日本語で文句=「日本人のせいにしようとした?」―中国ネット

高速鉄道車内でネットライブ配信していた女性、乗客からクレームを受けて日本語で文句=「日本人のせいにしようとした?」―中国ネット

6日、中国中央テレビは、高速鉄道車内でネットライブ配信していた女性がほかの乗客からクレームを受け逆上し、日本語で文句を言い放ったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年4月6日、中国中央テレビは、高速鉄道車内でネットライブ配信していた女性がほかの乗客からクレームを受け逆上し、日本語で文句を言い放ったと伝えた。

報道によると4月5日、遼寧省大連市で、高速鉄道車内で女性がネットライブ配信をしていたが、声があまりに大きいため周りの乗客からクレームがあり、鉄道警察官が対応にあたった。

鉄道警察官が、やめるように注意したところ、この女性は聞く耳を持たなかっただけでなく、日本語で文句を言いののしったという。報道ではその時の映像も紹介しているが、発音が不自然な日本語だ。他にも中国語で「みんな倒してやる。1人来たら1人倒す」などと大声で叫んでいる。

これに対し、中国のネットユーザーから「ブラックリストに載せるべきだな」「この種の人間は高速鉄道乗車禁止にすべき」「もっと多くのフォローをゲットするのがこの種の人間の目的だ。直接アカウントを封鎖すべき」など、厳しい対応を求めるコメントが多く寄せられた。

また、「責任を日本人に押し付けようとしたのか?」「日本語を使えば日本人だと思われると考えたのか?」「でたらめな発音の日本語だな。これは拘留した方がいい」など、日本語を使用したことに対する批判の声も多かった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)