世界初の無人清掃車、深夜にひっそりと試運転=中国ネット「お化けかと思う」「大量の清掃作業員たちはどうなるの?」

中国で世界初となる無人清掃車が試運転 「お化けかと思う」と話題

記事まとめ

  • 中国で世界初となる無人清掃車による作業の試験運行が行われている模様
  • 無人清掃車の試験運行が行われているのは上海市松江区にある工業団地内
  • 深夜から明け方は交通量が少なく速度もゆっくりでなので安全性に問題はないとしている

世界初の無人清掃車、深夜にひっそりと試運転=中国ネット「お化けかと思う」「大量の清掃作業員たちはどうなるの?」

世界初の無人清掃車、深夜にひっそりと試運転=中国ネット「お化けかと思う」「大量の清掃作業員たちはどうなるの?」

11日、中国日報は、中国で世界初となる無人清掃車による作業の試験運行が行われていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の道路清掃車。

2018年4月11日、中国日報は、中国で世界初となる無人清掃車による作業の試験運行が行われていると伝えた。

記事によると、無人清掃車の試験運行が行われているのは上海市松江区にある工業団地内。開発者によると、工業団地内の道路は比較的パターン化していることや、作業時間が深夜から明け方にかけてで交通量も少ないこと、清掃時の速度もゆっくりであることなどから安全性に問題はないとしている。

記事は、実際に作業している様子の動画も紹介。深夜に決められた時間になると清掃車が自動で起動し、清掃を始める。障害物があると自動的に避け、90度のコーナーも難なく曲がる。また信号も識別し、赤信号では停車。青信号になると再び発進し、作業が終わると元の位置まで戻り停車する。

これを見た中国のネットユーザーからは「これ、知らない人が見たらお化けが運転してると思うね」「何かの心霊事件かと思うだろう」「外側に『無人清掃車』と表記した方がいい。じゃないとびっくりしちゃうよ」などのコメントが寄せられた。

また、「酔っぱらって道路で寝ていたら掃除されてしまうのか」「機械化は確かに効率が上がりコストが下がる。でもあの大量の清掃作業員たちはどうなるのだろう」と心配する意見や、「屋根に乗ればタクシーに乗る必要がないな」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)