中国語が国際共通語として存在感 アフリカの一部で英語よりも中国語のほうが人気とも

記事まとめ

  • 世界で最も広く使われるのは英語で、世界全体で15億人が英語を話しているという
  • 一方、中国台頭で中国語の学習者が世界的に増え、新たな国際共通語になりつつあるとも
  • サハラ砂漠より南側のアフリカの地域では、英語よりも中国語のほうが人気らしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております