「中国はリアルなアジアの病人」と報じた米紙を中国紙が猛批判、華報道官も「恥じ入るべき」

「中国はリアルなアジアの病人」と報じた米紙を中国紙が猛批判、華報道官も「恥じ入るべき」

6日、環球時報は、米紙が発表した「中国はリアルな『アジアの病人』だ」とする評論が、ネット上で大きな波紋を広げていると報じた。資料写真。

2020年2月6日、環球時報は、米紙が発表した「中国はリアルな『アジアの病人』だ」とする評論が、ネット上で大きな波紋を広げていると報じた。

記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが先日、「中国はリアルな『アジアの病人』になった」と題し、新型コロナウイルスの流行による中国経済の衰退を予想する評論文章を掲載したことを紹介。文章は米国の保守派外交学者ウォルター・ラッセル・ミード氏が寄稿したものだという。

タイトルに用いられた「アジアの病人」という表現は、清朝末期から中華民国期にかけて西洋人が用いた中国や中国人に対する蔑称「東亜病夫」(東アジアの病人)を意識したものと思われる。

記事は、「ミード氏は極めて傲慢(ごうまん)かつ無知な口ぶりで、新型コロナウイルスによる中国経済の衰退を論じたが、同紙がこの文章に付したタイトルの悪辣(あくらつ)さは、本文をはるかに超えるものだ」とし、過激なタイトルを付した同紙の編集者を強く批判している。

その上で、Twitter上では同紙やミード氏のアカウントに対して中国系ネットユーザーからの非難と謝罪要求が数多く寄せられているほか、非中国系のネットユーザーからも「極めて不適切なタイトル」との批判が出ていることをキャプチャ画像を付けて伝えた。

また、6日に行われた中国外交部の定例記者会見でもこの件に対する質問が行われ、華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がミード氏を「自身の言論、傲慢さ、偏見、無知に恥じ入るべき」と批判したことを紹介した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)