要求が通らなかった中国のおじいちゃん、バスの窓をたたき割る

要求が通らなかった中国のおじいちゃん、バスの窓をたたき割る

中国の四川省成都市でこのほど、バスに乗った70代のおじいちゃんが緊急用のハンマーで窓ガラスをたたき割る騒動が発生した。

中国の四川省成都市でこのほど、バスに乗った70代のおじいちゃんが緊急用のハンマーで窓ガラスをたたき割る騒動が発生した。22日付で成都商報が伝えた。

17日の朝の通勤時間帯にバスに乗ったおじいちゃんは、お金を持っていなかったため、乗客の女性が代わりに運賃を支払ってバスに乗車した。しばらくすると、忘れ物をしたとして、運転手にバスを止めるよう要求。運転手は、停留所以外での乗降は規定違反として説得したが、おじいちゃんは車内を移動しおもむろに緊急用のハンマーを手に取ると窓ガラスをたたき割った。強化ガラスだったため破片が飛び散ることはなく幸いにも負傷者はなかった。

窓ガラスが割られた後、運転手は車を端に寄せて通報。なぜ窓を割ったのかと聞かれたおじいちゃんは小さな声で「ドアを開けないから窓を割った」と答えていたという。その後おじいちゃんは警察に連行され、たたき割った窓ガラスを弁償することでバス会社と示談が成立したと地元警察が述べている。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)