妊婦のお腹に乗り殴る、中国の下着店で店員と客が殴り合い

中国の下着販売店で店員と妊婦が殴り合いのけんか 妊娠4カ月の妊婦の腹に座り殴る

記事まとめ

  • 中国の下着販売店で、店員と妊娠4カ月の妊婦が殴り合いのけんかをするトラブルが発生
  • 警察は「両者とも処罰対象」としているが、映像では店員が先に商品を投げつけている
  • 店員は倒れた妊婦のお腹の上に座り暴行、妊婦は大事を取って入院しているそうだ

妊婦のお腹に乗り殴る、中国の下着店で店員と客が殴り合い

妊婦のお腹に乗り殴る、中国の下着店で店員と客が殴り合い

中国安徽省合肥市の下着販売店でで20日、店員と妊婦が殴り合いのけんかをするトラブルが発生した。

中国安徽省合肥市の下着販売店で20日、店員と妊婦が殴り合いのけんかをするトラブルが発生した。安徽省のテレビ局・安徽広播電視台が伝えた。

当事者の妊婦は店員の態度が悪かったと語っており、「店員は倒れた私のお腹の上に座り、殴り続けてきた」と話している。妊婦は妊娠4カ月で胎児は安定しているが大事を取って入院している。

店員が働いていた店のオーナーは、「このようなトラブルが起きれば店員を解雇せざるを得ない。店員はすでに拘束されており、10日間の拘留処分を科せられた」と語り、妊婦への賠償については双方で話し合いたいとしている。今回のトラブルについて同市の警察は、「両者ともに手を出しているためどちらも処罰の対象となる。妊婦への処罰は退院後に行う」と述べている。映像では、店員が先に商品を妊婦に投げつける姿が映っているため、ネットでは店員に対して厳しい声が多く聞かれている。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)