酒に酔った中国のおじさん、バスの運転手殴り事故起こす

酒に酔った中国のおじさん、バスの運転手殴り事故起こす

中国山東省青島市で8月30日、バスの運転手が殴られ交通事故に発展する事件が起きた。

中国山東省青島市で8月30日、バスの運転手が殴られ交通事故に発展する事件が起きた。9月4日付で青島市の地元メディア・信網が伝えた。

運転手によると、当日夜、前方に別のバスが止まっていたため乗客の存在に気が付かず、バスのドアを開けるのが遅れてしまった。これに怒ったのが今回の騒動を引き起こした男性で、車内で運転手をののしり続けた。男性が酒に酔っていると分かった運転手はその場を収めようと謝罪して「安全のためにちゃんと座ってください」となだめた。ところが男性の怒りは収まるどころかエスカレートし、運転手を数発殴った後、運転中にもかかわらず腕を引っ張るなどの暴挙を繰り返した。

運転手はすぐに車を寄せて止めたが、男性が引っ張った拍子に乗用車と接触事故を起こしてしまったという。運転手の通報により警察が出動し、男性を連行した。男性には15日間の拘留処分が言い渡されたという。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)