待ち時間にキレた中国の男性、信号機破壊の暴挙に

待ち時間にキレた中国の男性、信号機破壊の暴挙に

中国の湖南省常徳市でこのほど、十字路の中央に設置された信号機を破壊するトラブルが発生した。

中国の湖南省常徳市でこのほど、十字路の中央に設置された信号機を破壊するトラブルが発生した。9月5日付で澎湃新聞網が伝えた。

トラブルが起きたのは8月21日。十字路で信号待ちしていた男性は、何を思ったのか走って信号機に近づき、その勢いを利用して信号機を倒して破壊した。その場にいた人が通報し、現地警察は監視カメラの映像をもとに捜査を進め9月5日に男性の身柄を拘束した。

男性は「当日友人とけんかしむしゃくしゃしていた。信号の待ち時間が長く頭に血が上って信号を倒した」と供述している。警察は男性に対し5日間の拘留と信号機の弁償および罰金を言い渡した。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)