中国インスタント麺市場が“黄金時代”に、韓国が最大の受益者―中国メディア

中国インスタント麺市場が“黄金時代”に、韓国が最大の受益者―中国メディア

1日、環球網は、中国で韓国からのインスタント麺輸入が急速に伸びていると報じた。写真は韓国のインスタント麺。

2019年12月1日、環球網は、中国で韓国からのインスタント麺輸入が急速に伸びていると報じた。

記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が11月30日に発表したデータによると、昨年中国が韓国から輸入したインスタント麺の総額が1億ドル(約110億円)に達し、2014年の1515万ドル(約16億7000万円)から6.6倍にまで増えた。韓国は中国の輸入インスタント麺市場シェアの約50%を占め「最大の受益者」になっているという。また、韓国・ニューシスは業界関係者の言葉を引用して、「中国インスタント麺市場は“黄金時代”に入った」と伝えている。

記事は、中国でインスタント麺の輸入が急増している背景に、インスタント麺市場における製品ニーズのハイエンド化があるとし、昨年の中国のインスタント麺販売量全体が前年同期比5%増だったのに対し、ハイエンド製品は同30%を超える伸びをみせたと説明。KOTRAが「多様化、ハイエンド化、小分け包装化がここ数年における中国のインスタント麺の発展トレンド。中間層の消費者増に伴い、ハイエンド製品の割合が拡大し続けている」と分析したことを紹介している。

世界インスタント麺協会の統計によれば、昨年世界で1036億食のインスタント麺が売れ、そのうち中国での消費が38.9%を占めてトップとなっている。中国では1日あたり2億8000万食が消費されているとのことだ。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)