中国の高校生が教室でスマホたたき割る、学校の説明にネットは納得行かず

中国の高校生が教室でスマホたたき割る、学校の説明にネットは納得行かず

19日、中国のネットで男子高校生がスマホを床にたたきつける映像が話題になっている。

2018年9月19日、中国のネットで男子高校生がスマホを床にたたきつける映像が話題になっている。中国の全国紙・今日女報が伝えた。

映像に映っているのは、湖南省永州市道県にある中高一貫校の高校2年生のクラスで、男子生徒2人が黒板の前まで出て、自身のスマホを地面にたたきつけている。映像では、「もう一度たたきつけろ」と生徒を促す男性の声が聞こえる。

これに対し学校側は18日、「映像の一幕は9月5日に発生した。スマホをたたきつけた男子生徒2人は、前日の自習の時間にスマホを使っていたことがばれて没収されていた。学校ではスマホの使用を禁止しており、反省した2人は風紀担当の事務職員に『スマホをたたきつけて決意を表明したい』と申し出て映像の一幕になった」と説明した。映像で男性生徒に「もう一度たたきつけろ」と発したのが風紀担当の事務職員で、スマホの使用を注意したことは問題ないが、やり方は不適切だったとして学校側は同職員を減俸処分とした。

学校側の説明に対しネットでは「学校の対応に問題はない。スマホの使用を禁止されているのに使っているのだから処罰を受けて当然」と擁護する声もあったが、「本当に生徒の希望なら『もう一度たたきつけろ』と指示するのはおかしいだろ」「男子生徒2人は明らかに嫌がっている」と説明に納得がいかない声が大半を占めていた。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)