日本を見習った方がいい!中国でサッカーの試合後の光景が物議

日本を見習った方がいい!中国でサッカーの試合後の光景が物議

中国の河南省鄭州市で9月22日、中国のプロサッカーリーグの試合が行われ、ホームの河南建業が山東魯能と対戦した。山東魯能が勝利したのだが、ネットでは違う点が話題となっている。

中国の河南省鄭州市で9月22日、中国のプロサッカーリーグの試合が行われ、ホームの河南建業が山東魯能と対戦した。山東魯能が勝利したのだが、ネットでは違う点が話題となっている。

中国の動画サイト・梨視頻が23日に掲載した動画には、観客席の様子が映っている。話題となったのは、観客席に残された大量のごみで、取材に応えたファンの男性は「座席が汚れていたため、観客は新聞紙などを敷いて座った」と語り、ごみが散乱したことに対しては「中国のサッカーファンの素養は向上する必要がある。この点に関して日本のサッカーファンは素晴らしい。試合後にごみを持ち帰る取り組みは中国のファンも見習うべきだ」と述べた。

ネットでは「中国でもマナーが良いサッカーファンはいる」と反論する声も聞かれているが、「中国人として、認めたくはないが素養において中国は日本に全然及ばない。素養の低さが体現されているのはサッカーの試合だけではない」「日本だったらそもそも座席が汚れていないだろうな」と前出の男性に同調する声も少なくなかった。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)