中国のバス運転手が痴漢、犯行の様子をバッチリ捉えられる

中国のバス運転手が痴漢、犯行の様子をバッチリ捉えられる

中国の河南省洛陽市でこのほど、バスの運転手が乗客の女性に痴漢行為を働く事件が発生した。

中国の河南省洛陽市でこのほど、バスの運転手が乗客の女性に痴漢行為を働く事件が発生した。洛陽市交通局が10月2日にSNSの公式アカウントで伝えた。

事件は9月22日に発生し、映像ではバスに乗ってきた女性の脚を手の甲で触る運転手の行為が映っている。一見、偶然触れてようにも見えるが、実際に被害を受けた女性は「私もバスに乗った際に運転手の手が脚に触れた。最初はたまたま触れただけと思っていたが、女性が乗って来るたびに運転手は手の甲で触っていた」と話している。

この件について洛陽市交通局は、「警察の調査により、(痴漢行為が)事実であることが分かった。9月28日、警察は問題の運転手に対し10日間の拘留処分を科し、運転手の所属企業に対し、関連の規則にのっとり労働契約の解除を求めた」と発表している。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)