中国の広東省深セン市のハーフマラソン大会で「近道」に「替え玉」など258人違反行為

記事まとめ

  • 広東省深セン市で行われたハーフマラソン大会で、出場選手が不正し258人が処分された
  • ゼッケンの偽造が18人、替え玉出場が3人、緑化帯を横切るショートカットが46人など
  • 中国のネットでは「中国人は何でもかんでも近道しようとするのが好き」との声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております