サムスン電子、中国のスマホ市場でシェア急減 天津の携帯電話工場は12月末で閉鎖

記事まとめ

  • サムスン電子が中国スマートフォン事業の不振により、天津の工場稼働を中断するという
  • 2013年の中国のスマホ市場で占有率20%だったサムスンだが、今年7〜9月は0.7%
  • 背景には中国のスマホ業者が「より低価格で高機能」な製品を作ったことがあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております