春節の花火と爆竹、全国116都市で重度以上の大気汚染―中国

春節の花火と爆竹、全国116都市で重度以上の大気汚染―中国

花火と爆竹で大気汚染も/中

春節の花火と爆竹、全国116都市で重度以上の大気汚染―中国

中国生態環境部は5日、旧暦大みそかから旧正月にかけての大気の質について、「全体としては良好だったが、花火や爆竹の影響による重度以上の汚染が116都市で確認された」と報告した。

中国生態環境部は5日、旧暦大みそか(4日)から旧正月(5日)にかけての大気の質について、「全体としては良好だったが、花火や爆竹の影響による重度以上の汚染が116都市で確認された」と報告した。

観測データによると、4日午後5時から5日午前2時にかけて、花火や爆竹の集中的な使用により338都市でPM2.5の平均濃度の急上昇が発生。5日午前2時には116都市で1立方メートル当たり150マイクログラムを超えたことが確認された。

関係者は、「今年は各地で花火、爆竹の使用制限が強化されたことを受け、大気の質は昨年同期より改善した」とも指摘している。(野谷)

関連記事(外部サイト)