オランダのF-16戦闘機が自ら発射した砲弾に当たる 1956年にF-11戦闘機で同様の事故

記事まとめ

  • オランダのF-16戦闘機が自ら発射した砲弾に当たり破損したと観察者網が報じた
  • 当時、F-16戦闘機2機が20ミリガトリング砲のM61バルカンを用いて訓練していたという
  • ロシア・トゥデイによると、1956年に米グラマン社製F-11で同様の事故があったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております