台湾で出産した人気スター夫婦、「偽ワクチンから逃げられた」中国ネットでは皮肉の声も

台湾で出産した人気スター夫婦、「偽ワクチンから逃げられた」中国ネットでは皮肉の声も

1日、このほど台湾で誕生した俳優ニッキー・ウーと女優リウ・シーシーの第一子について、中国のネット上では「偽ワクチンから逃れられた」と昨年話題になった騒動に対して皮肉の声も上がっている。

2019年5月1日、このほど台湾で誕生した俳優ニッキー・ウー(呉奇隆)と女優リウ・シーシー(劉詩詩)の第一子について、中国のネット上では「偽ワクチンから逃れられた」と昨年話題になった騒動に対して皮肉の声も上がっている。

台湾の俳優ニッキー・ウーと中国の女優リウ・シーシー夫婦に先月末、第一子となる男の子が誕生した。夫婦は出産する場所を台湾に定め、ニッキー・ウーが2年前に購入した台北市郊外の高級マンションで暮らし、ここ数カ月は出産に備えてきた。

しかし赤ちゃんが誕生すると、ネット上では祝福の声と同時に、「中国人なら、なぜ中国で出産しない?」「リウ・シーシーは北京出身だから、子供も北京籍が手に入るのに」といった批判の声が勃発。だがこういった声に対し、「偽ワクチンから逃れられた」「それはもちろん、偽ワクチンを打たなくて済むからだ」などと、昨年明るみになり、国民を不安に陥れた偽ワクチン事件に対する皮肉を込めたコメントも多く上がっている。

ニッキー・ウーとリウ・シーシーは、11年に大ヒットした時代劇ドラマ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」の主演コンビ。ドラマをきっかけに交際へ発展し、15年1月に入籍。 昨年12月に男の子を妊娠していることを発表し、予定日は5月とされていた。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)