「LGBTに理解を」NHKのドキュメント番組が話題―中国ネット

「LGBTに理解を」NHKのドキュメント番組が話題―中国ネット

8日、中国の性的マイノリティー(LGBT)に関するNHKのドキュメント番組が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介され、注目を集めている。資料写真。

2019年5月8日、中国の性的マイノリティー(LGBT)の現状を伝えたNHK・BS1のドキュメント番組「ザ・カミングアウト〜中国・LGBTの叫び〜」が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介され、注目を集めている。

今年2月27日にNHK・BS1で放送された同番組は、上海のレズビアンバーの映像から始まる。バーの常連客である33歳の女性・安安(アンアン)さんが、ボランティア団体「同性愛者親友会」の支援を得ながら、江蘇省の実家に住む母親へ同性愛者であることをカミングアウト(世間には言いにくい自分の立場をあえて表明すること)し、理解を求める様子や、上海で学習塾の講師として働く26歳の男性・超(チャオ)さんが「中国社会に同性愛者の居場所はない」という父親にカミングアウトする様子が収められている。また「同性愛者親友会」のスタッフである「何鳳蘭(ハー・フォンラン)」さんが、自分の息子のカミングアウトを受けた時の葛藤を語る様子もあり、中国社会の同性愛者への拒否反応が根強いことを伝えている。

同番組によると、中国で7000万人いると推定される性的マイノリティーのうち、自分の性の認識を周囲の人々にカミングアウトする人は5%前後だという。また、約20年前まで、同性愛は政府の取締りの対象で、テレビドラマのガイドラインに「同性愛はみだらで低俗」と明記されるほどだった。

同番組の映像と内容を紹介した中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の投稿には、「見ていて泣きました」「このドキュメント番組の名前は何?どこで視聴できるの?」「経済的に独立できたら、私もカミングアウトする」「LGBTであることに後悔はない」「何さんにいいねをあげたい」「もっと多くの理解と尊重を得られたらいい」「レズやゲイを受け入れてくれた母の偉大さが身に染みた」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/原邦之)

関連記事(外部サイト)