安倍首相とTOKIOの会食写真、「安倍首相が訴えられることは…」と中国ネットはハラハラ?

安倍首相とTOKIOの会食写真、「安倍首相が訴えられることは…」と中国ネットはハラハラ?

12日、安倍晋三首相が人気グループ・TOKIOとの会食写真をツイッターに投稿したことが中国版ツイッター・微博で紹介された。写真は安倍首相。

2019年5月12日、安倍晋三首相が人気グループ・TOKIOとの会食写真をツイッターに投稿したことが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介された。中国のネットユーザーからは「ある問題」を指摘する声が寄せられている。

安倍首相は12日、「TOKIOの皆さんと再会しました。福島復興のために頑張ってくださっています。話に花が咲き、本当に楽しいひとときを過ごすことができました!」とツイート。アップされた写真の中の安倍首相とメンバー4人はその言葉通りの表情を見せている。

これに対し、中国のネットユーザーからは「安倍首相、TOKIOに入ろうとあれこれ考えてる」「やっぱりメンバー5人を希望」「TOKIOと記念写真だなんてうらやましい」などの声が寄せられた。

そして目立ったのが「肖像権」に関するコメントだ。ジャニーズ事務所所属タレントの肖像権について、「結局どういうこと?首相とか公的立場なら写真を使っていいの?」「安倍首相が訴えられるってことはないよね」「本当に新時代・令和がやって来た!『ジャニーズの肖像権』が安倍首相のツイッターにはないなんて!」「すぐにモザイクかけた方がいいんじゃないの?」といった声が聞かれた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)