中国、世界リレーでアジア記録を2つ更新も「課題」残る―中国メディア

中国、世界リレーでアジア記録を2つ更新も「課題」残る―中国メディア

13日、中国新聞網は、横浜で行われた国際陸上競技連盟(IAAF)世界リレー大会で中国が2種目でアジア新記録を出す一方で、日本と激しく争う男子400メートルリレーでは課題が残ったと報じた。

2019年5月13日、中国新聞網は、横浜で行われた国際陸上競技連盟(IAAF)世界リレー大会で中国が2種目でアジア新記録を出す一方で、日本と激しく争う男子400メートルリレーでは課題が残ったと報じた。

12日夜に幕を下ろした同大会で、中国代表は男子800メートルリレー予選で1分21秒70のアジア新記録を樹立。記事は「決勝ではミスにより思うような成績が出なかったものの、予選で見せたパフォーマンスは驚き喜ぶに値するものだった」と評した。

また、女子800メートルリレー決勝でも中国は1分32秒76のアジア新記録を出して銀メダルを獲得しており、記事は「中国の女子短距離は全体的な実力においても、個人の力においても安定的に向上している」と解説した。

その一方で、男女ともに400メートルリレーでは「いささか残念な結果に終わった」と指摘。女子はミスにより失格となり、男子も蘇炳添(スー・ビンティエン)と謝震業(シエ・ジェンイエ)の9秒台コンビに昨年のアジア大会で10秒2を切るタイムをたたき出した1走・呉志強(ウー・ジーチアン)を加えた現状で最強の布陣で臨んだが、日本がミスで決勝進出を逃したにもかかわらず100分の1秒差で表彰台に届かなかったことを挙げ、「以前より指摘されていた『あと1人有力選手が足りない』という課題が改めて浮き彫りになった」と伝えている。

記事はさらに、今回振るわなかった日本の400メートルリレー代表について「もともと最強のメンバーで出場していない。ケンブリッジ飛鳥は故障で欠場し、桐生祥秀がアンカーに回った。そして新人がメンバーに加わっており、今大会が世界選手権に向けた練習の場という位置付けが明らかだった」と説明。さらに、サニブラウン・ハキームが米国で行われた陸上大会の男子100メートル走で日本人2人目の10秒台突破となる9秒99のタイムを出したことにも触れた。

そして最後に「世界陸上で収穫を得るという中国リレー陣の目標はもちろん変わらないが、そのためにやることはまだまだたくさんある」とし、さらなるブラッシュアップが欠かせないとの見方を示している。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)