「股割れズボン」の1歳児、滑り台でやけど、尻の皮はがれる―中国

「股割れズボン」の1歳児、滑り台でやけど、尻の皮はがれる―中国

中国陝西省西安市にある団地内の公園で11日、「股割れズボン」を履いた1歳児が滑り台で遊んでいたところ、お尻をやけどし、尻の皮がはがれるという事故があった。写真は記事より。

2019年5月15日、中国メディアの観察者網によると、中国陝西省西安市にある団地内の公園で11日、「股割れズボン」を履いた1歳児が滑り台で遊んでいたところ、お尻をやけどし、尻の皮がはがれるという事故があった。

股割れズボンとは、お尻の部分が大きく開き、いつでもどこでも用が足せるようになっている中国伝統の乳幼児向けズボンのことだ。

西安市はこの日、最高気温が30度2分まで上がっていたという。

団地の管理会社は治療費などを負担する意向を示しているという。医師は「股割れズボンは用を足すのに便利だが、衛生的ではなく、細菌感染などのリスクにつながる」として、保護者に対し、子どもに紙おむつや脱ぎ着しやすいズボンを履かせるよう勧めているという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)