結婚相手が見つからない息子をオークションに出すも付いた値は160円、上海のおばちゃんがネットで話題に

中国で母親が結婚相手の見つからない36歳息子をオークション出品 付いた値は160円

記事まとめ

  • 微博で結婚相手が見つからない息子をオークションに出した女性の動画が話題に
  • 女性は息子が落札者とゴールインしたあかつきには落札金額全額を返す考えを示した
  • 動画撮影時点の値段は約160円で、「卵1パックも買えやしない」と嘆き声を上げた

結婚相手が見つからない息子をオークションに出すも付いた値は160円、上海のおばちゃんがネットで話題に

結婚相手が見つからない息子をオークションに出すも付いた値は160円、上海のおばちゃんがネットで話題に

中国版ツイッター・微博でこのほど、結婚相手が見つからない息子をネットオークションに出した女性の動画が大きな話題を呼んだ。資料写真。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でこのほど、結婚相手が見つからない息子をネットオークションに出した女性の動画が大きな話題を呼んだ。

この女性がわずか1元(約16円)という値で「出品」したのは上海戸籍の36歳になるプログラマーの息子。年収は100万元(約1600万円)で、結婚後に住むための家も持っているという。

この女性いわく、「息子が相手に求める条件が高すぎるのが問題。100回以上お見合いしたのに気に入る人がいなかった。見栄っ張りがすぎる」。女性は息子が落札者とゴールインしたあかつきには落札金額全額を返す考えで、動画撮影時点で息子に付いていた10元(約160円)という値には「卵1パックも買えやしない」との嘆き声を上げた。

この動画に対し、中国のネットユーザーからは「息子の年収というよりこのおしゅうとめさんが気に入った」「結婚が嫌なだけで、常に交際相手はいると思う。女性はそれを知らないのでは?」という声や、「人身売買は違法では」「それほど優秀ならテレビのお見合い番組に出た方がいい」「私、33歳ですけどどうでしょう?」「息子さんの条件は悪くないし、この女性も付き合いやすそう。でも私はやっぱり独身がいい」などの声が寄せられた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)