日本で電話による詐欺多発、手口も多様化、中国大使館が在日中国人に注意喚起―中国メディア

日本で電話による詐欺多発、手口も多様化、中国大使館が在日中国人に注意喚起―中国メディア

21日、日本で在日中国人が電話による詐欺被害に遭う事件が多発し、その手口も多様化しているとして、中国大使館がホームページを通じて注意を呼び掛けている。資料写真。

2019年5月21日、中国新聞網によると、日本で在日中国人が電話による詐欺被害に遭う事件が多発し、その手口も多様化しているとして、中国大使館がホームページを通じて注意を呼び掛けている。

記事によると、中国大使館は、「中国国内の警察を名乗り、パスポートや身分証、銀行カードなどが犯罪に使われているので捜査に協力してほしいと依頼される」「大使館職員を名乗り、あなた宛の荷物が届いていると言われる」「あなたのパスポートが犯罪に使われた。捜査に協力しなければ、大使館はあなたを強制帰国させると言われる」などの例を挙げ、注意を呼び掛けている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)