韓国がアジアの歴史つくる!? U-20W杯で初の決勝進出=中国ネット「うらやましい」「優勝したらまた…」

韓国がアジアの歴史つくる!? U-20W杯で初の決勝進出=中国ネット「うらやましい」「優勝したらまた…」

11日、ポーランドで開催中のサッカーのU-20ワールドカップで、韓国が初の決勝進出を決めた。優勝すれば、アジア勢初の快挙となる。

ポーランドで開催中のサッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で、韓国が初の決勝進出を決めた。

韓国は決勝トーナメント初戦で日本に勝利すると、準々決勝ではアフリカの強豪セネガルをPK戦の末に下した。そして、11日に行われた南米王者エクアドルとの試合では、39分にイ・ガンインのFKからチェ・ジュンが決めたゴールを守り切り1-0で勝利。ウクライナとの決勝戦に駒を進めた。

中国メディアの新浪体育は12日、「韓国に恥ずかしくさせられる!」と題する記事を掲載。「アジアのサッカーの新たな歴史をつくる可能性がある」と韓国をたたえる一方、中国が2005年以降、7大会連続で同大会の出場を逃していることを嘆いた。また、別のメディアも「アジアの光だ」と韓国持ち上げている。

中国のネットユーザーからは「本当にすごい」「うらやましくて嫉妬する」といった声が寄せられる一方で、「日本がアジアの光と言われるのはまだ納得できるけど、韓国はね…」「優勝したらまたカップを踏みつけるのか?」などのコメントも。先月、中国で開催されたパンダカップで、U-18韓国代表の選手一人が優勝カップを踏みつける騒動を起こしたことが尾を引いているようだ。

韓国のこれまでの最高成績は1983年の4位。99年大会では日本が決勝に進出したが、スペインに敗れた。韓国が優勝すれば、アジア勢初の快挙となる。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)