日本のタクシー運転手は文句なし!?投稿に反響続々=「不快な経験」も―台湾メディア

日本のタクシー運転手は文句なし!?投稿に反響続々=「不快な経験」も―台湾メディア

台湾メディアの三立新聞網は9日、「日本のタクシー運転手の素養は超高い?」と題する記事を掲載し、台湾のネットユーザーの見解を紹介した。

台湾メディアの三立新聞網は9日、「日本のタクシー運転手の素養は超高い?」と題する記事を掲載し、台湾のネットユーザーの見解を紹介した。

記事によると、台湾の著名なネット掲示板PTTでこのほど、日本のタクシー運転手に関する書き込みが話題になった。投稿者は、日本でタクシーを利用した経験から「運転手は英語が聞き取れないが、外国人観光客に与える印象は素晴らしい。目的地まではGPS(カーナビ)に沿って進む。車両の外観は古いが、車内はとても清潔。CMや音楽も流れておらず、運転手の身なりもきちんとしている。さらに、運転手は自発的に荷物の積み下ろしを手伝ってくれる」などとし、「今のところ文句のつけようがない」と評している。

これに対し、他のネットユーザーからは「日本が素晴らしいのではなく、台湾がひどすぎるんだ」「シンガポール(の運転手)も良かった」「台湾のタクシー運転手は給料が低いから質が低いのは当たり前」「価格とサービスは比例する」「日本のサービス業の平均レベルは台湾のはるか上。しかも台湾は改善しようとしない」といったコメントが寄せられたという。

一方で、記事は「(日本のタクシーでの)不快な経験をシェアする人もいた」とし、「北海道でひどいタクシーに乗った。猛スピードで走り、逆走までした。お釣りを渡す時の態度も悪かった。でも、それ以外のタクシーは良かった」「私は遠回りされたことがある。(投稿主は)あまり(日本に)行ったことがないのでは?」といったコメントがあったことも伝えている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)