<サッカー>日本が強豪ウルグアイと2-2ドロー!中国ネット絶賛=「恐れ入るとしか言えない」「もしベストメンバーなら…」

<サッカー>日本が強豪ウルグアイと2-2ドロー!中国ネット絶賛=「恐れ入るとしか言えない」「もしベストメンバーなら…」

ブラジルで開催中のサッカーの南米選手権グループC第2戦でウルグアイと対戦した日本は、三好康児の2ゴールで2度リードするも追い付かれドロー。中国のネットユーザーからは称賛の声が相次いでいる。写真は日本代表のアウェー用ユニホーム。

21日、ブラジルで開催中のサッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)グループC第2戦で強豪ウルグアイと対戦した日本は、三好康児の2ゴールで2度リードするも追い付かれドロー。勝ち点1を獲得した。

日本は25分、柴崎岳のフィードから三好が右サイドを抜け出し、角度のないところから右足でゴールを決めて先制に成功。32分にウルグアイのスアレスにPKを決められ同点とされるも、後半に入り59分に再び三好がこぼれ球を押し込み勝ち越す。しかし、ウルグアイもその7分後にCKからヒメネスが頭で合わせて同点とする。その後はウルグアイが押し込む展開になるも、日本は何とかゴールを割らせず、2-2のドローに持ち込んだ。

試合後、中国のスポーツメディアもこぞって結果を伝えている。新浪体育は「スアレスがゴール。日本は2度リード奪うもウルグアイと2-2の引き分け」と報じ、騰訊体育は「日本の新星が2発」と題し、22歳の三好の活躍をたたえた。

中国のネットユーザーからも続々とコメントが寄せられており、「ああ、うらやましい」「このメンバー(五輪世代の若手主体)でウルグアイと引き分け。しかも2ゴールとは。すごい」「日本のサッカーにおける進歩には、恐れ入るとしか言いようがない」「日本はもしベストメンバーならグループリーグ突破は固いんじゃないか」など、日本の戦いぶりを称賛するコメントが多数寄せられた。

また、ウルグアイがPKを獲得したシーンについて「ウルグアイはラッキーだったな」「これはPKを取るべきではなかった。カバーニがシュートした勢いで自分で日本選手の靴裏を蹴っただけ」などのコメントが寄せられ、多くの“いいね”が付いている。

このほか、「(日本が良い試合を見せたことで)中国代表がまたやり玉に挙がるだろう(笑)」「日本のレベルに到達してようやく世界と戦えるんだな」「そして、われらが中国代表はまだタイにどう勝つかで悪戦苦闘している」「あと十数年もすれば日本は本当にワールドカップ(W杯)で優勝するかも。そして中国はアジアの下流に転落」「日本の2軍の試合を見た後に中国代表の試合を見ると…見れたもんじゃないな」など、ふがいない自国代表と比較するコメントも多数寄せられている。

あるユーザーは、「2ゴールの三好もまだ22歳。日本は本当にタレントが次々出てくる。やっぱりサッカーは育成システムが大事だ」とし、短期的な成果を求めすぎているとの批判が出ている中国サッカー界の強化方針に疑問を呈している。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)