中国人が飛行機への搭乗拒否され罰金まで、原因は…―カナダ

中国人が飛行機への搭乗拒否され罰金まで、原因は…―カナダ

25日、中国メディア・中国僑網は、カナダに滞在する中国人留学生がネット上の格安チケットを購入したところ、思わぬトラブルに巻き込まれたとする、カナダメディアの報道を伝えた。写真はトロント・ピアソン空港。

2019年6月25日、中国メディア・中国僑網は、カナダに滞在する中国人留学生がネット上の格安チケットを購入したところ、思わぬトラブルに巻き込まれたとする、カナダメディアの報道を伝えた。

記事は、カナダCBCが今月報じた内容を紹介。トロントにある学校で学んでいる女性がこのほどピアソン空港から飛行機に乗ろうとしたところ係員に止められ、「問題のあるチケットを何度も使ったことで航空会社のブラックリストに入っている。巨額の賠償を支払うことになる」と言われた。

この女性は飛行機代を節約するためにネット上である業者から「エア・カナダ従業員割り引き」という名目の格安チケットを何度も購入していたという。

しかし、この業者は正規のものではなく、セキュリティーの甘い消費者からクレジットカード情報を盗んで航空券を不法に購入し、これを女性をはじめとする顧客に売ることで利益を得ていた悪徳業者だった。

その結果、女性はエア・カナダから1万8600カナダドル(約151万円)の罰金を45日以内に支払うよう求められ、支払えない場合は同社の航空便に二度と乗れなくなると伝えられた。

業者とはその後、連絡がつかなくなってしまったという女性は、罰金の支払い能力がないため、弁護士を雇って公正な判断が下ることに望みを託しているが、今のところ解決していないとのことである。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)