「千と千尋の神隠し」18年越しの公開、「大人になって初めて意味が分かった」―中国

「千と千尋の神隠し」18年越しの公開、「大人になって初めて意味が分かった」―中国

中国で大ヒット中のアニメ映画「千と千尋の神隠し」。幼い頃にこの作品を見たという中国の観客からは「大人になって初めて意味が分かった」との声が続出している。資料写真。

中国で大ヒット中のアニメ映画「千と千尋の神隠し」。幼い頃にこの作品を見たという中国の観客からは「大人になって初めて意味が分かった」との声が続出している。

2001年7月に日本で公開された「千と千尋の神隠し」の中国上映がスタートしたのは今月21日のこと。中国のSNS上に25日掲載された文章によると、多くの人から「大人になって作品を改めて見て、初めて意味が分かった」との声が上がったそうだ。

文章は実際に、「子どもの頃は作品が単に好きというだけ。大人になってから見ると涙がこぼれた。人生のどの段階にいても自分を失ってはならないし、自分の人生の一場面にこの作品があったことに感謝している」「子どもの頃に作品を見たけど何を言っているのか分からなかった。成長して、たくさんのことを経験して、世の中には愛が必要ということにようやく気付いた」などの声が寄せられたことを紹介している。

この他、文章はある映画レビューサイトで「カオナシ(同作に登場するキャラクター)はなぜ人気を集めているのか?」が話題になっていることにも言及。「カオナシは孤独でちょっとひねくれ者、でも内心はとても温かいというイメージ。多くの人がカオナシの中に自分の影を見ているのではないだろうか」との回答が多くの支持を集めていると伝えた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)