サムスンのタブレット、充電したまま寝ていたら燃える―英国

サムスンのタブレット、充電したまま寝ていたら燃える―英国

25日、英国でこのほど、ベッドの上で充電していた韓国サムスン電子のタブレットが燃えて、眠っていた11歳少年のマットレスに穴を開けるということがあったという。少年にけがはなかった。資料写真。

2019年6月25日、英国の中国語メディア「ybirds英鳥」によると、英国でこのほど、ベッドの上で充電していた韓国サムスン電子のタブレットが燃えて、眠っていた11歳少年のマットレスに穴を開けるということがあったという。少年にけがはなかった。

マンチェスター・イブニング・ニュースによると、少年はスタッフォードシャーの自宅で目が覚めた後にこれに気付いたという。少年の父親が先週木曜日、リッチフィールドの消防署に通報した。

タブレットは4年前に新品として購入したもので、充電器は付属のものだったという。

タブレットは午後9時ごろから充電を始めると徐々にくすぶり、気が付いた時には寝具だけでなくマットレス下のスプリングまで燃えていたという。

消防署員は、燃えやすいものの上で充電しないよう人々に注意を促しているという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)