世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産が過去最高―ホンダの5月実績、その他

世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産が過去最高―ホンダの5月実績、その他

本田技研工業によると、5月における四輪車の世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産がいずれも、同月単月として過去最高だった。一方、三菱自動車の5月の中国生産台数は前年同月と比べてほぼ半減した。

ホンダ、5月の世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産が過去最高 / 三菱自、5月の中国生産が前年比約5割に落ち込む。

●ホンダ、5月の世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産が過去最高
本田技研工業によると、5月における四輪車の世界生産、海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産がいずれも、同月単月として過去最高だった。2019年6月27日付で発表した。

日本内外の生産台数をすべて合計した世界生産は前年同月比5.6%増の46万163台だった(2カ月連続増)、海外生産は同3.4%増の38万3247台(2カ月連続増)、北米生産(メキシコを含む)は6.2%増の17万796台(2カ月連続増)、アジア生産は同4.3%増の18万9919台(3カ月連続増)、中国生産は同14.6%増の14万7833台(3カ月連続増)だった。

国内生産も同18.2%増の7万6916台(2カ月連続増)だった。

●三菱自、5月の中国生産が前年比約5割に落ち込む
三菱自動車は27日、5月における生産・販売・輸出実績を発表した。国内生産は前年同月比5.0%減の4万5851台、海外生産は同21.8%減の5万5299台だった。国内と海外を合わせた全世界生産は同14.4%減の10万1150万台だった。国内生産、海外生産ともに4カ月連続で前年同月比減だった。

アジア生産は前年同月比20.5%減の5万4199台だった。うち中国生産は前年同月比45.6%減とほぼ半減して8532台だった。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)