日中首脳会談、双方が達した「10の共通認識」とは?―中国メディア

日中首脳会談、双方が達した「10の共通認識」とは?―中国メディア

27日、大阪市内でこの日行われた安倍晋三首相と習近平(シー・ジンピン)国家主席による日中首脳会談について、中国・人民日報は「双方は10の共通認識に達した」と報じた。

2019年6月27日、大阪市内でこの日行われた安倍晋三首相と習近平(シー・ジンピン)国家主席による日中首脳会談について、中国・人民日報は「双方は10の共通認識に達した」と報じた。

記事は、▼両国指導者は現在の中日関係改善の良好な勢いを積極的に評価する▼両国指導者は中日関係を正確な軌道に沿って前へ推し進めることを重ねて表明する▼両国指導者は政治的相互信頼を絶えず増進することに同意する▼両国指導者は両国の利益融合をさらに深め、広範囲にわたる領域での相互協力を強化することに同意する▼両国指導者は中日がアジアの文明発展の重要な貢献者であることを強調する▼両国指導者は中日の民間友好交流を積極的に展開することに同意する▼両国指導者は中日が平和発展の道を堅持し、共に平和発展のパートナーとなることを重ねて表明する▼両国指導者は敏感な問題を適切に処理し、矛盾や意見の隔たりを建設的にコントロールすることに同意する▼両国指導者はアジアの重要国家で世界の主要経済体である中日が多国間主義と自由貿易体制を守り、世界各国の共同発展を促進すべきと考える▼両国指導者は中日が国際的な責任を積極的に果たし、世界的な課題に共に対応すべきと考える、とする共通認識の一つひとつを詳細に説明した。

共通認識では、習主席が来春、日本を公式訪問することや、中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」を日本が「多様化した地域を連結する潜在力ある構想」と評価したことも示された。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)