ファーウェイが新たな人事戦略!全世界から300人の「天才少年」募集―中国メディア

華為技術が全世界から「天才少年」募集する新人事戦略 「天才なら自分で起業」とも

記事まとめ

  • 澎湃新聞の微博アカウントは、華為技術のCEOが新たな人材戦略を打ち出したと伝えた
  • CEOの任正非氏が社内会議で「世界中から20〜30人の若い才能を募集する」と発言した
  • 「もし本当に天才なら、自分で起業するだろ」など懐疑的な声もあがった

ファーウェイが新たな人事戦略!全世界から300人の「天才少年」募集―中国メディア

ファーウェイが新たな人事戦略!全世界から300人の「天才少年」募集―中国メディア

28日、中国メディア・澎湃新聞の中国版ツイッター・微博アカウントは、ファーウェイのCEOが新たな人材戦略を打ち出したことを伝えた。

2019年6月28日、中国メディア・澎湃新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、目下米国からの制裁を受けている華為技術(ファーウェイ)のCEOが、新たな人材戦略を打ち出したことを伝えた。

澎湃新聞によると、ファーウェイの社内プラットフォーム・心声社区に27日、同社CEOの任正非(レン・ジョンフェイ)氏が20日に経営管理チーム内で行われた社内会議で語った内容が掲載された。任氏は「企業におけるすべてのシステムは臨戦態勢を整えていなければならない。がんじがらめになってはいけない。全員の英知を集結させ、勇敢に戦い、努力して前進するのだ。ファーウェイはこの先の未来において世界を牽引していく。世界の最先端を行くのなら、われわれこそがスタンダードになろうじゃないか」と発言した。

そして、「今年、われわれは世界中から20〜30人の若い才能を募集する。来年には200〜300人に拡大する予定だ。天才少年らはまるでドジョウのように、われわれの組織に風穴を開け、刺激をもたらしてくれるだろう。3〜5年のうちにわが社は一新され、大転換を迎える。今回の『戦争』には必ず勝利しなければならない。何を頼りに勝つか?君たちだ」と続けた。

中国のネットユーザーからは「ファーウェイが大きく強くなっていく未来が見える」「天下の英雄を全員かっさらっちゃえ!」「がんばれ、ファーウェイ!」などとファーウェイを支持するコメントが寄せられた。

一方、「もし本当に天才なら、自分で起業するだろ」「天才がファーウェイのように徹底的に管理された会社で働けるとは思えないけど」などといった懐疑的な声も見られた。

また、この人材募集の知らせにはほかにも、「突然のオファーだけど、考えてみるよ」「今年で19歳です。任社長、DM待ってますね」「ああだめだ。僕はもう天才『少年』じゃなくて天才『青年』だから」「俺、キーボードを叩く天才ではあるんだけどなあ」など、冗談めかしたコメントも数多く付けられた。(翻訳・編集/岩谷)

関連記事(外部サイト)