トランプ氏、ファーウェイへの輸出「安保上の懸念ない限り容認」=中国は歓迎

トランプ氏、ファーウェイへの輸出「安保上の懸念ない限り容認」=中国は歓迎

トランプ米大統領は29日、G20大阪サミットの閉幕後の記者会見で、米企業が中国の通信機器大手ファーウェイに部品や技術を輸出することについて、安全保障上の懸念がない限りは容認する考えを表明した。資料写真。

2019年6月29日、米華字メディアの多維新聞によると、トランプ米大統領は同日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の閉幕後の記者会見で、米企業が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に部品や技術を輸出することについて、安全保障上の懸念がない限りは容認する考えを表明した。

これについて、中国外交部のG20担当特使の王小龍(ワン・シャオロン)氏は「米国がその通り実行するなら、もちろんわれわれは歓迎する」と述べた。

米商務省は先月、国家の安全保障上の問題を理由に、米政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」にファーウェイと関連会社を追加していた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)