中国人は米国での住宅購入を拒んでいる―露メディア

中国人は米国での住宅購入を拒んでいる―露メディア

29日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、「中国人は米国での住宅購入を拒んでいる」とする記事を掲載した。資料写真。

2019年6月29日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、「中国人は米国での住宅購入を拒んでいる」とする記事を掲載した。

記事は「米国と中国との間の貿易戦争が続く中、中国人の米国での住宅購入件数が急減している」とし、「中国人購買者向けの米国の不動産販売は17年から18年にかけて4%減少した」「19年第1四半期の米国の不動産に対する中国人購買者からの問い合わせ件数は前年同期比で27.5%減少した」などと紹介した。

記事によると、「米国の住宅は長い間、中国の海外不動産購買者に人気があったが、貿易をめぐる緊張の高まりや、中国当局の資金流出規制の強化などにより、そうした人気は確かなことではなくなりつつある」との指摘もあるという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)