日本の空港で案内ミス、1時間以上の遅れ=中国ネット「大げさ」「中国だったら…」

日本の空港で案内ミス、1時間以上の遅れ=中国ネット「大げさ」「中国だったら…」

29日、新浪新聞は、日本の空港でバスが搭乗者を別の飛行機に案内するミスが発生したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年6月29日、新浪新聞は、日本メディアの報道を引用し、日本の空港でバスが搭乗者を別の飛行機に案内するミスが発生したと伝えた。

記事は、NHKの報道を引用し、愛知県の中部空港で29日朝、ジェットスターの連絡バスが鹿児島行きの便に乗る客を誤って福岡行きの便に誘導するミスがあり、両便とも出発が1時間以上遅れる影響が出たと伝えた。NHKは「運行に大幅な遅れ」と伝えている。

これに対し、中国のネットユーザーから「1時間が遅れのうちに入るのか?」「日本は非常に注意深い国だな。わずか1時間ちょっとの遅れが問題になるなんて」「日本は大げさすぎるだろう。1時間の遅れで大幅な遅れと言うなんて」などのコメントが寄せられた。

また、「こんなことがニュースになるのか?」「たいしたことではないな。私が飛行機に乗る時はいつも2時間以上遅れる」「中国で同じようなミスが発生したら、5時間は遅れると思う」など、中国と比較したコメントも多かった。

ほかには、「日本ではこのようなミスは絶対に発生しないと誰かが言っていたが」と驚くユーザーや、「最近は日本もそそっかしくなっているんじゃないか?G20でも警察官がトイレに拳銃を忘れてきちゃうくらいなんだから」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)