「キムタクはプラスのエネルギーでいっぱい」=日本人タレントの中国版ツイッターに特徴

「キムタクはプラスのエネルギーでいっぱい」=日本人タレントの中国版ツイッターに特徴

中国版ツイッター・微博を始める日本のタレントが増える中、あるネットユーザーが男性タレント数人の投稿に見られる特徴を指摘した。資料写真。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を始める日本のタレントが増える中、あるネットユーザーが男性タレント数人の投稿に見られる特徴を指摘した。

このネットユーザーが取り上げたのは松重豊、木村拓哉、山下智久、古川雄輝らの投稿。テレビドラマ「孤独のグルメ」の主人公役として広く知られる松重豊については「美食家のバラバラ中国語」の説明を付け、ユニークな中国語の投稿をいくつか紹介した。

木村拓哉に関しては「プラスのエネルギーで満ちあふれている」とし、「今日も撮影を楽しみました。戻って明日の作戦を考えます!」「今日も共演者のエネルギーに助けられました。感謝」「監督のOKをもらうためにスタッフ、役者全員が努力しています」などの投稿を紹介。山下智久については英語と中国語の併用、古川雄輝については写真だけの投稿が多い点を挙げた。

これに対して中国のネットユーザーからは多くの笑い声が上がっており、具体的には「バラバラ中国語に笑い死にしそう」「キムタクは勤勉!」「山Pは英語と中国語の併用がほとんど。私の英語はイマイチだけど、彼の中国語はうまくなった」「山Pのために日本語を勉強したんだけど」「古川雄輝はやっと文章を投稿したかと思ったら結婚報告だったね」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)