水切り世界一の日本人に中国ネットもびっくり=「自分の目が信じられない」「リモコン操作なんじゃないか」

水切り世界一の日本人に中国ネット民驚き 世界大会で100メートル以上の記録で優勝

記事まとめ

  • Vista看天下が、NHK WORLDで取りあげられた水切り世界一の日本人についての記事を掲載
  • 水切り世界一の日本人・橋本桂佑さんは世界大会で100メートル以上の記録を出し優勝
  • 動画が紹介されると、「これも匠の精神なのかな」など驚きのコメントが多く寄せられた

水切り世界一の日本人に中国ネットもびっくり=「自分の目が信じられない」「リモコン操作なんじゃないか」

水切り世界一の日本人に中国ネットもびっくり=「自分の目が信じられない」「リモコン操作なんじゃないか」

2日、Vista看天下は、日本メディアの報道を引用し、水切り世界一の日本人について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年7月2日、Vista看天下は、日本メディアの報道を引用し、水切り世界一の日本人について紹介する記事を掲載した。

記事は、NHK WORLDで取り上げられた橋本桂佑さん(27歳)を紹介。水切りとは、水面に石を投げ跳ねさせる遊びのことだが、橋本さんは川の近くに住んでいたため、小さなころからよく水切りをして遊んでおり、6歳の時には1日に70回も石を投げていたという。そして日に日に腕を上げ、世界大会では100メートル以上の記録を出して優勝したそうだ。

記事では、橋本さんによる水切りの様子の動画も紹介されていて、これを見た中国のネットユーザーから「自分の目が信じられない」「すごいな。この石はリモコン操作なんじゃないか?」「これも匠(たくみ)の精神なのかな」など、驚きのコメントが多く寄せられた。

また、「私が石を投げても1度も跳ねないで沈むんだけど」「私は最高で3回ぐらいしか跳ねない」など、自分と比較するユーザーもいた。

ほかには、「この人は投手だと思う」「野球選手にならなかったのは残念だ」という意見や、「私の持っている株も水切りのような動きをしてくれたらそれで満足なんだけど」というコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)