いろんなものが降ってくる中国、今度はエアコンの室外機―中国メディア

いろんなものが降ってくる中国、今度はエアコンの室外機―中国メディア

3日、中国中央テレビは、広東省深セン市にあるマンションの11階からエアコンの室外機が落下する事故があったと報じた。写真は室外機の落下現場。

2019年7月3日、中国中央テレビは、広東省深セン市にあるマンションの11階からエアコンの室外機が落下する事故があったと報じた。

記事によると、現地時間1日午後3時30分ごろ、同市福田区にあるマンションの11階からエアコンの室外機が突然地面に落下した。幸い人には当たらず、死傷者は出なかった。

管理会社は、当時11階の部屋ではエアコンの取り付けが行われており、作業員が誤って室外機を落としてしまったとの見解を示している。

入居者によると、マンションの敷地内では昨年も一度室外機が落下する事故が起きていたほか、今年に入ってサツマイモや水筒などが降ってくる事例が後を絶たないにもかかわらず、管理会社が何ら対策を講じていないという。

これに対して管理会社は、施工業者による作業の登録や管理を一層強化するとコメントしている。

中国では最近、全国的に建物からさまざまな物が落ちてくるトラブルが発生、死傷者も出ている。先月だけでも13日に深セン市で5歳の男児が落ちてきた窓に当たって死亡したほか、19日には江蘇省南京市で10歳の女児が建物から男児によって落とされた物に当たって重傷を負い、22日にはやはり深セン市で女性が落ちてきたバーベルのプレートに当たって負傷する事故が起きている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)