日本の対韓輸出規制、米企業から「日本が自ら孤立を招く」との指摘も

日本の対韓輸出規制、米企業から「日本が自ら孤立を招く」との指摘も

対韓輸出規制に米企業指摘も

日本の対韓輸出規制、米企業から「日本が自ら孤立を招く」との指摘も

4日、韓国・東亜日報によると、韓国に対する半導体材料の輸出規制を強化する日本政府の措置をめぐり「日本が自ら孤立を招く可能性がある」と指摘する声が出た。写真はソウルの携帯電話ショップ。

2019年7月4日、韓国・東亜日報によると、韓国に対する半導体材料の輸出規制を強化する日本政府の措置をめぐり「日本が自ら孤立を招く可能性がある」と指摘する声が出た。

記事によると、ソウル市内のホテルで3日に「サムスンファウンドリーフォーラム2019コリア」が開かれた。日本政府の対韓国輸出規制強化が発表された後に開かれたイベントのため注目度が高く、ファブレス(半導体設計専門企業)やファウンドリーパートナー企業の関係者、国内外の記者ら約500人が集まったという。

同イベントに参加した米カリフォルニア州所在の半導体メーカー副代表は、日本の措置について「日本が制裁を続ければ自ら孤立を招きかねない」と指摘し、「日本の半導体技術は優れているが、韓国はそれよりも優れているため、制裁の効果は弱い」と述べたという。

同イベントでサムスン電子は日本の措置について公式に言及しなかったというが、チョン・ウンスン・サムスンファウンドリー事業部社長は演説で「サムスンの半導体はこれまで何度も危機を克服してきた。どんな危機が来ても必ず克服する。信頼していただきたい」との考えを示した。インドの企業関係者も「政治的イシューのためむやみに言えないが、影響はそれほど大きくないだろう」と話したという。

今回の規制対象に含まれるフォトレジストを主に生産する韓国企業の関係者は「日本の製品と生産品目が違うため、韓国内の半導体メーカーからの注文は受けられない状況」と説明し、「時間はかかるが韓国独自の技術力を高める機会でもある」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからも「安倍首相のおかげで韓国に新産業の雇用が増えそうだ」「この機会に必ず国産化を実現しよう」「大企業が本気になって投資し開発すればいい。今までは買った方が安いから開発しなかっただけ」など前向きな声が上がっている。

一方で「政府が研究費を支援すると言っているけど、それでうまくいくとは限らない。大企業がこれまで技術を確保できなかったのはお金のせいではないだろうから」「今まで開発をしなかったのではなく、できなかったんだ。相手の実力も自分の実力も理解せずに戦いに挑むのは無謀」「日本にも中国にも報復され、米国には無視される韓国。世界から孤立するのはむしろ韓国だ」などと懸念する声も数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)