韓国ネット大荒れ!恋人を殺害した男に“軽過ぎる”判決が出た理由

韓国ネット大荒れ!恋人を殺害した男に“軽過ぎる”判決が出た理由

4日、韓国・聯合ニュースは、韓国で恋人を殺害した男に「異例の判決が下された」とし、その理由について報じた。写真は韓国のパトカー。

2019年7月4日、韓国・聯合ニュースは、韓国で恋人を殺害した男に「異例の判決が下された」とし、その理由について報じた。

記事によると、大田(テジョン)高裁清州(チョンジュ)裁判部は同日、傷害致死の容疑で逮捕・起訴された20代の男に対し、懲役6年を言い渡した一審判決を破棄して「懲役3年執行猶予5年」を言い渡した。

裁判官は判決の理由について「被告人の行為は被害者が死亡するという厳重な結果をもたらした。それに相応する処罰を受けるのは当然」としながらも、「ただし、被告は酒に酔った状態で偶発的に犯行に至ったものとみられる」と指摘した。また「被告人と被害者がやり取りしたメールなどを見ると、彼らが心から愛し合っていた仲だったことが分かる。被告人は事件当時、被害者が意識を失ったことが分かると、人工呼吸をするなど救助活動を行った」「控訴審で被害者家族と和解に合意し、家族と知人が善処を訴えている。再犯の可能性も低いため多少異例ではあるが被告人に社会に戻り学業を続ける機会を与えようと思う」などと説明したという。

男は昨年8月20日午前5時30分に清州市内で当時交際していたBさん(21)を拳で数回殴って死亡させた容疑で裁判にかけられていた。Bさんは殴られた勢いで転んで階段の角に頭をぶつけて大きな傷を負い病院で治療を受けていたが、2日後に死亡した。警察の取り調べに対し、Aは「彼女が他の男性に関心を寄せているように見えた。口論の末、手で肩を押したところ転倒して頭をけがした」と供述していたという。

この判決は韓国のネット上で注目を浴び、多数のコメントが寄せられている。

「そんなことってある?」「裁判官さん、自分の娘が被害者だったらどう?」「人を殺しておいて執行猶予?裁判官の精神鑑定をすべき」「こんな裁判官がいる国、犯罪者にとっては天国のようだ」「人殺しを釈放?鳥肌が立つ」など、判決内容に「許せない」と怒りをあらわにするユーザーが続出している。

その他にも、被害者の家族に対して「娘が殴られて死んだのに合意?それも問題」、昨今の殺人事件を挙げて「(韓国では)男が殺害したら偶発的、女が殺害したら計画的と判断される」、韓国社会について「社会が正義に反してるってことは、政治と裁判の判決を見れば分かる」と非難する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)