中国SF小説「三体」が日本で刊行!でも、韓国語版のカバーデザインに話題をさらわれる―中国メディア

中国SF小説「三体」が日本で刊行!でも、韓国語版のカバーデザインに話題をさらわれる―中国メディア

4日、観察者網は、中国のSF小説「三体」が日本で発売されたことを報じた。

2019年7月4日、観察者網は、中国のSF小説「三体」が日本で発売されたことを報じた。

中国のSF作家・劉慈欣(リウ・ツーシン)氏による小説「三体」の日本語版が4日に発売された。記事は、発売に先立って行われた試読会では、日本の著名な作家やゲームデザイナーが「驚天動地のSF作品。膨大な知識に裏付けされた超絶な想像力は本当にすごい」「一度読み始めると止まらない。早く続編を翻訳してほしい」と絶賛するなど、日本国内で注目を集めたと紹介している。

今回発売された「三体」はシリーズ3部作の第1部とのことで、残りの2部についてはまだ日本語版に関する情報は出ていないようだ。

記事はまた、現在までに「三体」はすでに25の言語に翻訳され、世界で出版されていると紹介。そのなかで、各国語版の表紙カバーデザインが注目されており、英語版はハリウッドのSF映画、タイ語版はホラー映画のようで、ポルトガル語版やギリシャ語版はシンプルなデザインで不気味な静けさを醸し出しているとした。

一方で、韓国語版のカバーは「非常に奇抜」と説明。宇宙の砂漠をベースにUFOやアンテナ、赤い星、宇宙人、さらには拱手(きょうしゅ)する中国人形風のイラストまで出現するごちゃまぜのデザインに中国のネットユーザーからは「韓国人は本当にやってくれる」「見た瞬間、小さい頃に見た科学絵本かと思った」「韓国で出版されたのは百科事典か?」などといったコメントが出ていることを伝えた。

記事は韓国語版について「その後、カバーが不適切だと感じたのか、再版時にはカバーのデザインをオーソドックスなSF風のものに変えた」と紹介。一方で「リニューアル前より最初のほうがインパクトがあってよかったのでは」との声も聞かれているとしている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)